返戻率で徹底比較!

学資保険を始めるにあたって

失敗しないための学資保険の選び方

学資保険についてどのくらい知識がありますか?

 

一生ものの学資保険!このホームページでは、失敗しないための学資保険の選び方を中心に学資保険についての基礎知識、メリット・デメリットや、一般的に名のある保険(かんぽ生命(元日本郵政公社) 、ソニー生命、アリコ、アフラック、日本生命(ニッセイ)、第一生命、明治生命、大同生命、朝日生命、三井生命、明治安田生命、太陽生命、住友生命、フコク生命など各社の学資保険(こども保険))についての簡単比較情報をまとめています。

 

このホームページに訪れた方は、学資保険に加入をしようとしているお父さん・お母さんがメインだと思います。 実はこのサイトを作成したイクメンの私も一児のパパです。
(学資保険については無知でした…)

 

物事を詳しい営業さんや、ショップの店員さんに勧められて断りづらかった経験は誰にでもあると思います。 生命保険会社さんも同じです。何も知らずに保険屋さんに相談すると断りづらい状況になってしまうでしょう。
当然一生ものの学資保険!生命保険会社さんの口車に乗せられて決定してしまってはもったいないです。
保険会社によって内容も返戻率(利率)も違います。さらに学資保険にはメリットはありますがデメリットもあります!

 

まずはこのサイトで学資保険の「い・ろ・は」を知り、騙されて不利な条件で契約しないよう学びましょう!


知っていましたか?幼稚園から大学までの教育費

世間一般的にお子様は幼稚園から義務教育の小学校・中学校で学び、高校まで進みますよね。

 

そして昨今では大学や専門学校に進学するのがほとんどですね。私も4年制大学(一浪しちゃいましたが)まで進みました。

 

幼稚園から大学までの教育費ってどの位かご存知ですか?下の表を見てください。
幼稚園から大学までの教育費

 

 

 

 

一般的に安いといわれている国公立の学校を選んだとしても1000万以上教育費としてかかるのです。 今普通に働いて給料を貰っていますが、1000万なんてすぐ貯まるものでもありません。
私は大学は私立でしたので相当お金がかかったんですね。親に感謝しなくては…

 

お子様の教育費を準備するために学資保険について本サイトで学んで、失敗しない学資保険に加入しましょう!

 

学資保険を選ぶポイントは返戻率

返戻率は意識してますか?(返戻率とは⇒用語集「返戻率」参照)
返戻率は、保険会社によって本当に差があります。
返戻率の差は、会社ごとで比較してみるとわかると思いますが、満期の金額で数万円から数十万円も差が出てくるほどです。
返戻率で比較ランキング

 

だからといって返戻率を比較して一番高い保険会社・プランを選べとは言っていませんが、返戻率が高く、安心できる学資保険を選ぶようにしましょう。
比較しなければ始まりません。ぜひ返戻率で比較してベストな学資保険を選びましょう!