学資保険とは?

学資保険とは?

学資保険とは、簡単に説明すると、子供が将来大学進学等で使用する費用の積み立て貯金のようなものです。
では、銀行への積み立て貯金と何が違うの?どういう仕組みなの?と、疑問がわきますよね。

 

学資保険とはお子様の小・中・高・大学(専門)の入学資金等を補助することを目的とし、 決められた保険料を支払えば予め設定した時期に保険金が受け取れる子供の将来の教育資金のための保険です。

 

例えば、毎月決められた保険料を支払い、
大学入学の17歳、大学2年の18歳、大学3年の19歳、大学4年の20歳
それぞれの年に給付金を受け取るといった仕組みがあります。

 

それだけだと、普通に銀行に積み立てしているのと変わらないのでは?と思いますよね。

 

学資保険では、他の生命保険と同様、仮に契約期間中に親(契約者)に万が一のことがあった場合はそれ以降の保険料の支払いが免除された上に満期保険料は全額受け取れるケースがほとんどです。

 

さらに育英年金と言って保険契約者が亡くなってしまった日から保険期間満了まで被保険者に給付金が支払われる商品もあります。

 

※ただし、育英年金等のオプションを付けた場合、返戻金が100%を割るケースの商品もあるので注意が必要です。(マイナスってことですね)

 

従って教育資金の準備目的で選ぶ時は、戻り率の高い商品から選ぶことをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

学資保険についても少し詳細に学んでみましょう!

学資保険とは?記事一覧

学資保険の仕組み

学資保険の仕組みについて説明します。学資保険では、支払った保険料に対して返戻率(利子)を掛けた金額が、満期(または祝金)として受け取れる仕組みになっています。受け取り方法も様々で、お子様が大学生〈18歳)になった時に一括で受け取る方法や、幼稚園・小学校・中学校といった入学のタイミングで一部を受け取る...

≫続きを読む

学資保険の種類について

学資保険の種類について説明します。学資保険と一口にいっても、さまざまな種類があり、保険会社によっても違います。以下のパターンを組み合わせて契約できる保険会社やどちらか一方のみ扱っている保険会社があるので保険会社に問い合わせてみるとよいでしょう。私が学んだ学資保険の種類は以下の通りです。1. 貯蓄型 ...

≫続きを読む

学資保険とこども保険の違い

学資保険に加入を考えている方はこども保険と何が違うの?と疑問を抱く方が多いようです。私もその一人でした。一般的に言われている学資保険とは、主に教育資金を貯めることを前提に設計された保険であり、子供の万が一の死亡や病気・けがをした時の医療費などを確保するための保険です。こども保険は子供の医療保障に重点...

≫続きを読む

メリット・デメリット

学資保険のメリットみなさんが気になっている学資保険のメリットですが、おそらく頭に浮かんできたものは「満期時に戻ってくるお金の戻り率が高い」と言ったところでしょうか?受け取り方法も様々で、お子様が大学生〈18歳)になった時に一括で受け取る方法や、幼稚園・小学校・中学校といった入学のタイミングで一部を受...

≫続きを読む

受取金には税金が掛かるの?

みなさんが気になっている学資保険の祝い金や満期保険金の受け取りには税金がかかるのか?結論を言うとほとんどのケースでは税金を心配する必要ないただし、満期保険金が大金の場合等は多少支払う必要があるまた受取人がお子様の場合等は贈与税がかかるもう少し詳細に説明しましょう。祝い金や満期保険金は税金の対象外とは...

≫続きを読む

支払い期間で返戻率が上がる?

保険会社によって扱っている商品と扱っていない商品がありますが、私が加入した【日本生命(ニッセイ)の学資保険」は、 支払期間を短くすることで返戻率が上がる商品です。例えば200万円を0歳〜18歳まで支払い、22歳で満期で受け取る商品と、 200万円を0歳〜12歳までで支払いを終え、22歳で満期で受け取...

≫続きを読む