返戻率で徹底比較|学資保険とこども保険の違い

学資保険とこども保険の違い

学資保険に加入を考えている方はこども保険と何が違うの?と疑問を抱く方が多いようです。私もその一人でした。

 

一般的に言われている学資保険とは、主に教育資金を貯めることを前提に設計された保険であり、子供の万が一の死亡や病気・けがをした時の医療費などを確保するための保険です。

 

こども保険は子供の医療保障に重点を置きながら教育費のための資金を備える保険です。

 

どちらも教育資金を積み立てるという意味では同じ目的になります。
しかし、学資保険とこども保険では、重点を置いている保障が違います。

 

学資保険は主に教育資金を貯めることに重点を置いた保険になります。
そして、付帯保障として子供が病気や死亡した時の医療保障や、親が亡くなった時などに備えての年金などを付けることができます。
(親が亡くなった場合、毎月の保険料は満期まで支払わなくてもよい等)

 

一方こども保険は、子供の医療保障に重点を置いた保険になります。
もちろん教育費のための費用や資金にも備えることができるようになっています。
主に子供の怪我や病気に対する保障を充実させているのがこども保険になります。

 

ただし、注意してほしいのは、最近ではこども保険という名の商品であっても医療保険だけに力を入れているということではなく、 教育資金に備えるための保障が充実している商品もありますので、どちらを選ぶ場合も正しく商品を理解して選択することが大切になります。