学資保険返戻率で徹底比較|仕組み

学資保険の仕組みについて

学資保険の仕組みについて説明します。

 

学資保険では、支払った保険料に対して返戻率(利子)を掛けた金額が、満期(または祝金)として受け取れる仕組みになっています。

 

受け取り方法も様々で、お子様が大学生〈18歳)になった時に一括で受け取る方法や、幼稚園・小学校・中学校といった入学のタイミングで一部を受け取る方法があります。

 

下の図を見てください。

 

学資保険の仕組み

 

学資保険には、幼稚園・小学校・中学校といった入学のタイミングで積み立てた保険料の一部を祝金として受け取る方法もあります。

 

お子様が学校に入学・入園する際にまとまった金額が欲しい方にお勧めしますが、満期に一括で受け取るパターンと比べて返戻率は少なくなります。

 

満期までは祝金を受け取らなくてもなんとか頑張れる方は、満期に一括で受け取るパターンを選択したほうが受け取る金額は大きいので、お勧めします。

 

上の図のパターンは一例です。保険会社によっていろいろなパターンを用意しているので保険会社さんに相談してみましょう。

 

ちなみに、私はある保険会社に契約を行いましたが、短期間で満額を収めるパターンを採用しました。
これも返戻率が高くなりお得なパターンですね。