学資保険受取人の税金?

学資保険の祝い金や満期保険金の受け取りには税金がかかる?

みなさんが気になっている学資保険の祝い金や満期保険金の受け取りには税金がかかるのか?

 

結論を言うと

 

ほとんどのケースでは税金を心配する必要ない
ただし、満期保険金が大金の場合等は多少支払う必要がある
また受取人がお子様の場合等は贈与税がかかる

 

もう少し詳細に説明しましょう。

 

祝い金や満期保険金は税金の対象外とはなっていません。対象になっています。
この受け取ったお金は、「一時所得」という項目に分類され、「受け取ったお金」と 「払い込んだ保険料」の差額が50万円を超えた時、税金がかかります。

 

と言ってもわかりづらいですよね。例を挙げてみましょう。

 

(収入金額−収入を得るために支出した金額−特別控除50万円)×1/2

 

この収入金額は、一時金や満期の収入金額に当てはまります。
一時金とは、学資保険では小学校に入学する時、中学校に入学する時、 高校に入学する時、大学に入学する時等、受取時期を分けることができます。
その時に受け取る金額を一時金といいます。

 

例えば月額2万円を支払、小学校入学時点(加入から6年)に45万円を一時金として受け取ったとします。

 

45万円 − (24万円×6年) − 50万円×1/2 = −74.5万円

 

つまりマイナスになるため、差額が+50万円にならないので、税金は0円です。

 

例えば満期時に300万円を受け取ったとします。
このとき、すでに受け取っているはずの3回の祝い金のぶんは「支払った保険料」から差し引くことになります。

 

300万円−(24万円×6年−45万円×3回)−50万円×1/2 =−7万円

 

この場合もマイナスとなり、差額が+50万円にならないので、税金は0円です。

 

お分かりいただけましたでしょうか?
上記の場合は税金がかかりません。

 

しかし、祝い金をもらわずに満期のみに全額受け取る場合や、支払金を多くし、返戻率が高くなり、 満期時にもらう金額が多くなる場合は注意が必要です。

 

また、受取人にも注意が必要です。
受取人が親であれば、親が保険料を支払い受け取るため、何の問題もありませんが、 受取人をお子様にしてしまうと、親からもらったお金という扱いになり、 贈与税がかかるケースがあります。
贈与税は、贈与された額からまず、基礎控除の110万円を引き、残りの額を以下の表にあてはめて税率を出します。

 

基礎控除後の課税価格

税率

控除額

200万円以下

10%

-

300万円以下

15%

10万円

400万円以下

20%

25万円

600万円以下

30%

65万円

1,000万円以下

40%

125万円

1,000万円より上

50%

225万円

 

 

先ほどの同じ例で計算しますと、500万円から基礎控除110万円を差し引くと390万円。これを上の表にあてはめますと、

 

390万円×20%−25万円=53万円

 

ということで、53万円が贈与税として課税されることになります。所得税なら0円だったのに、贈与税なら53万円。

 

結論としては、受取人を親にしておいたほうがいいですね。贈与税がかからないので。
よってほとんどのケースでは税金がかからないということになります。
お分かりいただけましたでしょうか?

 

心配な場合は申し込む保険会社さんに問い合わせをしてみましょう。
(※申し込む保険会社さんが良い対応をしてくれない場合はその保険会社さんはやめておくべきです。これは基本ですね)