返戻率で徹底比較!おすすめ学資保険はこれだ!

保険料とは?

保険料とは保険契約者が保険会社に支払うお金のことを言います。
(一般的には毎月支払うお金のことです。)

 

学資保険の場合、保険料は主に下記の3つの要素によって変わります。

 

・保険金の金額
 総額でもらう額を大きくすれば、保険料も支払う額は当然多くなります。当たり前ですね。

 

・被保険者(子ども)の年齢
 同じ金額の保険金を同じ満期(例えば18歳)までに準備するとします。
 子供の年齢が高い(例えば3歳)で加入すると短い期間(3歳だと15年間)で支払わなくてはいけないので保険料は高くなります。
 当然ながら0歳産まれたと同時に保険料の支払いを始めれば、保険料は安くなります。

 

・契約者(親)の年齢
 基本的に保険料は加入する時の年齢が低い方が安くなります。
 理由は親が万が一亡くなった場合の補償(「契約者(親)が亡くなった場合は?」参考)を考えると、年齢が高い方が亡くなる確率が高くなりますので、保険料もおのずと高くなります。

関連ページ

被保険者
被保険者とは保険の対象となる人のことを言います。 学資保険ではお子様が被保険者になります。
返戻率
保険契約者
保険契約者とは保険会社との契約を結ぶ人のことを言います。 学資保険の場合は、ほとんどが父親もしくは母親が契約者になることが多いです。 契約者には、保険料の支払い義務と契約内容の変更等の権利があります。
保険金